カードローンのおまとめローンと法的な借入制限の関係

おまとめローンと法的な借入制限の関係

今は法律によって、銀行以外の金融機関からお金を借りる場合の上限金額が年収によって制限されています。

 

しかしこの法律が定められる以前は、金融機関の審査によって設定された融資額までならお金を借りることが出来ました。

 

しかしそれによって多数の金融機関からお金を借りている利用者にとって、年収に占める借入金額の割合が大きくなり過ぎてしまっている例も見られます。

 

カードローン比較会社の検討

 

複数の借り入れがある場合、金融機関のおまとめローンを利用して借りなおすことで返済の負担が減少する可能性があります。最近は銀行だけでなく比較的審査の甘い消費者金融でもおまとめローンを行っているところがあるので、審査が心配な方でもおまとめローンに申し込んでみる価値はあるでしょう。

 

しかし、ここで気になるのが現在の借入総額です。法律では現在、銀行以外の金融機関から年収の3分の1以上の金額を借りることは出来なくなっています。

 

しかしこれ以前に実行されている借り入れの総額がこの規定を超えている場合はどうなるのでしょうか。

 

 

 

有難いことに、おまとめローンでは上記の借り入れ制限が適用されないという決まりになっています。

 

年収の3分の1以上の金額になってしまう方でも、きちんとおまとめローンで貸してもらうことが出来るのです。

 

借入総額が大きいことを懸念しておまとめローンを諦めてしまっていた方も、今一度再検討してみてはいかがでしょうか。

おまとめローンのデメリット

 

おまとめローンのデメリットは結局はローン地獄に陥り、貸し倒れになって、弁護士に頼るか法廷で決着をつけなければならなくなる可能性があるということです。

 

そういうことが起こり得ますので、おまとめを考えるならまずは弁護士に相談してみてください。

 

おまとめをしたけど結局弁護士を頼った失敗談はよくあることです。

 

借金ははやく処理することに越したことはありません。借金の返済に追われることはいままで自由に使えていたお金も使えなくなり、節約をする必要が出たり、他に収入源を確保する必要が出てきてしまうということになります。

 

それでも返済が出来なくなると下手すれば法廷に出なければなりません。私自信、消費者金融で負った借金が返済できず、消費者金融に訴えられたという経験があります。

 

額が小さかったので、自己破産などの手段を取らず、示談という形で分割でローンを支払っていくということで話がまとまりました。

 

訴訟にかかる手数料も請求されましたのでムダ金を払ったことは間違いありません。

 

私のような例にもれず、ローン地獄は消費者金融にお金を借りる誰しもが陥る可能性のあるものです。

 

借りすぎは絶対にやめましょう。仮に利用枠がたくさんあってもそれは消費者金融のワナととらえましょう。

 

厳しく自分をコントロールしましょう。そうすればローン地獄に陥らずに済みます